カルティエの歴史 - ブランドダイレクト



TOP > カルティエの歴史


【カルティエ(Cartier)の歴史】

カルティエの創業者は1819年に生まれた「ルイ・フランソワ・カルティエ」です。彼は宝石商である「アドルフ・ピカール」の工房に入門しますが、その才能を買われカルティエが28歳のときパリ・モントルゲイユの工房を受け継ぎます。

1953年、パレ・ロワイヤルの近くのヌーヴ・デ・プティ・シャン通り5番地に自分の店をオープン。この頃からナポレオン3世の従妹マチルド皇女が舞踏会のための宝飾品を買いに訪れたり、後にナポレオン3世皇妃であり、当時のファッションリーダーであるウジェニー皇妃が顧客につくなどカルティエは王族貴族に愛されるブランドになっていきます。

事業を受け継いでいく息子たちも順調にヒット商品を開発し、店舗も拡大していくなどカルティエは名門ブランドの地位を不動のものにしていきました。





▲このページの先頭に戻る







当サイトは販売者との提携により商品を販売しております。
従いまして、サイト運営人と販売者ではお問い合わせ先が異なりますのでご注意下さい。

サイト上の表記などサイト運営に関するご意見・ご質問はinfo@brand-direct.net

商品に関するご質問はお買物についてのお問合せよりご連絡ください。

※ 販売者概要や特定商取引法に基づく表記につきましてはカート画面内に表示されますのでそちらでご確認下さい。


Copyright © ブランドダイレクト 2014