プラダの歴史 - ブランドダイレクト



TOP > プラダの歴史


【プラダ(PRADA)の歴史】

プラダの創業者「マリオ・プラダ」がミラノに皮革店を開いたことが始まりです。世界中から数々の一流品を集め、それをもとに質の高い製品を作っていったことから、イタリア王室の御用達となります。しかし1958年に創業者の「マリオ・プラダ」が死去し娘の「ルイーザ・プラダ」が引き継ぎますが、時代の変化についていけず倒産寸前となりブランドは低迷。

そんな窮地を救ったのは、マリオの孫娘である「ミウッチャ・プラダ」でした。1978年に「ミウッチャ・プラダ」がオーナー兼デザイナーに就任すると、「ボコノ」と呼ばれる軽くて防水性にも優れ汚れにくい工業用防水生地のナイロン素材を使ったバッグを開発。これが世界的に大ヒットしプラダは復活します。その後も次々と新商品を発表し、シューズやウェアも開発。現在でも大人気のブランドです。

ちなみにミュウミュウ(Miu Miu)は1993年に発表したプラダの姉妹ブランドで、ミウッチャ・プラダの幼少期のニックネームです。





▲このページの先頭に戻る







当サイトは販売者との提携により商品を販売しております。
従いまして、サイト運営人と販売者ではお問い合わせ先が異なりますのでご注意下さい。

サイト上の表記などサイト運営に関するご意見・ご質問はinfo@brand-direct.net

商品に関するご質問はお買物についてのお問合せよりご連絡ください。

※ 販売者概要や特定商取引法に基づく表記につきましてはカート画面内に表示されますのでそちらでご確認下さい。


Copyright © ブランドダイレクト 2014